C系言語ユーザー向け VCSSL即席ガイド

ここでは、C/C++ などのC系言語ユーザーの方が、即席で VCSSL を扱うための簡易ガイドを掲載しています。

目次

VCSSL ―― Visualization-Calculation-Simulation Script Language ―― は、 データの可視化や、小規模な数値計算・科学技術シミュレーションのコードを、手軽に記述する事を主目的としたプログラミング言語(スクリプト言語)です。

VCSSLは、開発コンセプトの1つとして、C/C++などの既存のC系言語で数値計算を行っているユーザーが、可能な限り少ない学習コストで扱える事を目指しています。

このガイドは、C/C++などの各種C系言語ユーザーの方が、最小限の学習コストでVCSSLを扱うための、即席的なガイドです。 読者はすでに何らかのC系言語を習得している事を前提としており、C系言語に共通するような内容の説明量を軽く抑える事で、簡潔にまとめています。

内容の目安としては、PDF版で前半(概要/文法)14ページ + 後半(応用)12ページで、2日〜1週間程度での読了を想定しています。 ここに掲載しているWEB版も内容は同じで、前半3回(概要/文法)+ 後半2回(応用)で、同様に2日 〜 1週間程度での読了を想定しています。

目次


VCSSLの概要
C系言語ユーザーの方向けに、VCSSLの概要を短くまとめています。

プログラムの実行と基本的な入出力
実際にVCSSLでプログラムを書いて実行し、基本的な入出力を行います。

VCSSLの主な文法・仕様
C系言語ユーザーの方向けに、VCSSLの主な文法と仕様についてまとめています。

GUIと2D/3Dグラフィックス
VCSSLの標準ライブラリの中から、GUIと2D/3Dグラフィックスの簡単な扱い方をまとめています。

外部言語連携
最後に、VCSSLから他言語のコードを実行する方法についてまとめます。


スポンサーリンク


スポンサーリンク

インデックス

お知らせ( Twitter )

スポンサーリンク